住宅会社として、どのように土地探しをお手伝するのか?

家づくりで土地探しから始まるお客様からのご相談が特に多いので、本日は住宅会社としてどのように土地探しをお手伝いさせていただくか?をお伝えしたいと思います。

おそらく土地から購入しなければいけない方は、いろんな住宅会社をまわりながら並行して、ネットや雑誌で調べたり、不動産屋さんに足を運び現地を見に行ったりと、積極性は人それぞれだとは思いますが、土地探しをされていることと思います。

ですから、住宅会社としては、すでにあなたが、そういった状態にあるということを前提として土地探しだったり、土地提案をしなければ、ただ土地を探してほしいと言われるがままに、不動産屋さんから情報をかき集めて、その情報をそのまま横流ししただけなら、それは全く意味のない仕事だと言って過言ではありません・・・

家づくりにおいて、土地探しは最も難関となる作業です。
その理由は、、、

ないところから創っていく注文住宅と違って、今すでに存在する土地の中から選ばなければいけないからです。

そもそも住みたいと思っている地域に売り土地が少なかったり、なかなか直感的に魅力的だなと思う土地に出会えなかったり、もっといい土地があるんじゃないか?と考えてしまい、なかなか決断できなくて、先を越されてしまったり、競争の激しい日当たりが良くて形が良い土地にばかりこだわってしまったりと、なかなか土地が決まらない理由は人それぞれだと思いますが、これらをクリアしないことには家づくりは一向に先に進みません・・・
ですから、限られた条件の中で、現実的に土地を決めていくための助言をするのが、
私たち住宅会社の役割になってきますし、本来私たち住宅会社がしなければいけない仕事となります。

土地探しをスムーズに行うための家づくりの順番

まずは『土地に費やしてもいい予算を明確にすること』です。
つまり、まずは資金計画から始めるようにするということです。
資金計画を最初にすれば、建てた後の暮らしを一番に考えた全体予算が分かり、そして土地や家にそれぞれいくらぐらいの予算を費やすことが出来るのか?を具体的に知ることが出来るようになります。
そしてその予算の中で、再度希望の地域で土地探しをしていただくようになるのですが、予算重視で土地や家の予算を導き出した場合、おそらくあなたが思っているよりも、遥かに土地に予算を回すことが出来ない
という現実に突き当たることになるでしょう。
でも、安心してください!
実は、土地には必要以上にお金を費やす必要はありません!!
なぜなら、たとえ予算を遥かにオーバーするような高いお金を出して日当たりが良い土地を買ったとしても、
その良さを最大限に引き出すことは難しいからです。
日当たりが良さそうな土地を買った場合、南に大きな窓をたくさんつくるようになるでしょう。
しかし、南に道路があった場合、車は通るし、人は通るしで、人目が気になって、その窓はずっとカーテンを閉じることになってしまいます。
そうなれば、太陽の光を自ら遮断することになり、昼間でさえも、ライトをつけてないと暗い家になってしまいますし、カーテンをずっと閉じているということは、風を窓から入れることだって出来なくなってしまいます。
つまり、オープンな土地を買ってしまった場合、よく考えて設計しなければ、プライバシー性が低く、
明るくない・・風通しが悪い・・暮らしにくい・・・・
の三拍子がそろった家になってしまう可能性が思っている以上に高いというわけなんですよね。
逆に、どんな土地でも、自由自在にプラン出来るのが注文住宅の強みでもあります。
ですから、一見形が悪かったり、日当たりに難がありそうな土地でも、
設計次第で、明るさ・風通し・暮らしやすさの三拍子がそろった家づくりをすることが充分可能です。
そう考えれば、土地に必要以上に予算を使うことなさそうでしょ?
土地代が安く済めば、建てた後の暮らしは、ずいぶんと楽になるはずですしね。
ただ、そんな土地を決めるためには、土地が見つかったからといって、すぐに不動産屋さんと契約をするのではなく、その前に住宅会社にプランをしてもらうことで、その土地の上に、思っているような家が建つのかを、
把握することが大切になってきます。
そうすることで、より鮮明にイメージが湧くようになりますからね。
そして、その作業を終えたところで、土地と家を同時期に契約すればいいんですよね。
住宅ローンの申し込みだって一気に出来るようになりますしね。
ねっ?この進め方なら安心でしょ?
ということで、これから土地探しからの家づくりをしようと考えている方は、この方法をぜひ参考にしていただければと思います。
それでは、、、