ZEH(ゼッチ)、住宅のゼロエネルギー化について

ちかごろ、よくZEH(ゼッチ)、ZEH(ゼッチ)とよく見かけ、よく聞かれることと思います。
今日はこのZEH(ゼッチ)、住宅のゼロエネルギー化についてです。
深刻化の一途を辿る地球温暖化とエネルギー問題 。
我が国では、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標を設定されました。
これらを受けて、経済産業省にて、2016年4月18日に決定した「エネルギー革新戦略」において、「2020年までに、ハウスメーカー、工務店等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現することを目指すために、2016年度以降、官民で連携し、ZEHに対する目標設定とその進捗管理、ZEHの標準仕様化、ZEHのブランド化による自立的普及への取組を行う。」とする目標を掲げ、目標達成に向けて政策を実行されています。

では、まずゼロエネルギー住宅がいったいどのような住宅なのか?
ということからお伝えしたいと思いますが、
簡単にお伝えさせていただくと、
『省エネによって消費するエネルギー量を減らしつつ、
消費したエネルギーと同等のエネルギーを作り出すことで、
家で消費されるエネルギーをゼロにする』ということですね。

より具体的にお伝えするならば、
この愛知県という地域に当たっては、

・UA値(断熱性能値)0.6以下
・HEMS(エネルギーの見える化)の設置
・太陽光発電4~5KW程度の設置
・高効率給湯器(エコキュート)の設置
・リビングに高効率エアコンの設置

この5つの条件をすべて満たした住宅のことですね。

Natura-eco -----表紙2

弊社においても、この経済産業省の指針に沿って注文住宅の建設を
すすめてまいります。
とはいえ、ゼロエネルギーハウスを建てることは、
実際においてはそれほど難しいものではありません。
弊社においては、「無垢家Style Naturaシリーズ」の商品のなかの[Natura eco]ナチュラ エコ
がございます。
 

o0500036913317406055

本物の自然素材でつくる“ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)ーHEAT20 G1”対応型注文住宅

経済産業省資源エネルギー庁がさだめるZEH:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスはあたりまえと考え、それを超える基準である「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」がさだめるHEAT20 G1基準に対応できる注文住宅です。もちろん、使いやすく、住みやすい、一邸一邸オリジナルの居心地を提案しています。UA値の0.55以下を難なくクリアしていますし、エコキュートも使用しているので、
太陽光発電とHEMSを設置していただくのみで大丈夫です。
(エアコンも数値をくクリアしたものをご購入いただければ良いだけです)

ですが、太陽光発電を4~5KW載せ、
HEMSを設置していただくとしたら、
おそらく200万円~225万円程度コストアップすることになるので、
その点も踏まえた上で、家づくりをするようにしなければいけません。

確かに太陽光発電を設置すれば、
10年間は買取をしてもらえるため、
建築コストが上がることでローン負担が増えたとしても、
逆に光熱費がゼロになり、
実質的には家計への負担は楽になるでしょう。
いや、それどころか家の断熱性能も高くなっているので、
設置する太陽光の要領によっては家計が楽になることだってあるでしょう。

しかし、その買取は10年後には終わってしまいます。
ですから、その時に備えて、
買い取ってくれることで浮いたお金をしっかり貯蓄し、
将来的には蓄電池を購入していただかなくてはいけません。
(現在、蓄電池はまだまだ高額ですからね)
そうなれば、自宅で発電した電気で暮らせるようになるので、
変わらず光熱費の負担が増えることなく暮らしていけることでしょう

そのためには、しっかり貯蓄していくことも踏まえた
資金計画を練り、その予算の中で建てられる家を
建てるようにしていかなくてはいけないですし、
出来ることならば、予算を大きくアップさせることなく、
家づくりをしていただくようにしたほうがいいでしょう。

そのポイントとなるのが、
やはり『設計』ではないでしょうか?

良い家を建てれば家が高くなるのは、
ごくごく当たり前のことです。
ここでは、省エネのことについてしか触れていませんが、
地震への対策に関してもコストアップしていくことは間違いないでしょう。

となれば、いかに無駄を省くことで、
部屋の広さや収納量を含めた暮らしやすさを保ちつつも、
コンパクトな家が建てられるのか?
ということが大切になってきます。
家のコストを抑えようと思えば、面積を小さくすることが
最も有効な手段ですからね。

『資金計画』と『設計』。
この2つをしっかり考えつつ、
高性能な住まいをあなたの予算内で建てるように
提案していきたいと考えています。