家の予算の考え方

『ハウスメーカーで家を建てようという人たちは、
家にどれくらいの予算を考えるのでしょうか?
親からの援助などがたくさんあるんでしょうかね??』

こういった類の疑問を、弊社に住宅のご相談に
お越しになるお客様からよく話題になることがあります。
あなたもこのような疑問をお持ちになったことはありませんか?

有名ハウスメーカーさんたちのモデルハウスが建ち並ぶ
住宅展示場に足を運び、その価格をお聞きになったことが
ある方は、お分かりいただけると思いますが、
ハウスメーカーさんが建てる家は超高額です。

資金

しかも、自由設計にて注文住宅を建てようと思えば、
2500万円を下る価格で建てることは不可能です。
それに庭の費用として200万円以上がさらにかかり、
地盤改良費用として約100万円がかかってくることになります。

さらに、土地から買って建てるとすれば、地域にもよりますが
1500万円以上の費用が余分にかかることになりますし、
その上に諸経費というもので別途で、約200万円以上
かかってくるとなれば、総予算として最低4500万円は
必要となるのが、ハウスメーカーさんの家づくりです。

これをクリアしようと思えば、
2つの条件のいずれかをクリアしておく必要があります。
まず1つ目は、、、

融資がおりた

『ご夫婦いずれかの収入が高いこと』です。
ここ最近は共働きが多いので、
収入合算をすれば世帯収入として
600万円を越えるご家庭もいらっしゃいますが、
永久的に共働きを前提とした資金計画を行ってしまった場合、
間違いなく建てた後に首が回らなくなってしまうので、
ご夫婦いずれかの収入だけで、
600万円は下らないことが大前提かなと思います。
そしてそれに加えて、
家づくりのトータル金額が4500万円を超える場合であれば、
1000万円から1500万円は自己資金(贈与か貯金)を
入れた方がよいかと思います。

ギリギリ

というのも、3000万円を金利1%で35年返済で借りた場合、
毎月の返済額は約85,000円になるのですが、
年収600万円の方だと、手取りは35万円前後でしょうから、
これぐらいが適正な返済比率だと考えるからです。
これ以上の負担になると、
ちょっと生活にしわよせが出てきてしまいそうです・・・

病気やケガ

続いてもう一つの条件ですが、
『親からの援助(贈与)がたくさんあること』です。
もしくは、親からの援助が見込めない場合、
『貯金がたくさんあること』なのですが、
ざっと計算して1500万円から2000万円くらいですね。

そうなれば、借入金額が3000万円から2500万円に
なってくるので、先ほどと同じ条件で2500万円を計算
した場合、毎月の返済金額が約70,000円となり、
ご夫婦いずれかの収入が400万円ぐらいのご家庭でも、
それほど大きな負担なく暮らしていくことが出来ます。

とはいえ、30前後の年齢で1500万円を超えて貯金が
あるなんて普通に勤めている方であれば、なかなか
むつかしい金額だと思うので、やはり親御さんからの
大幅な援助が必須条件になってくるでしょう。

いずれにしましても、
予算が上がれば、頭金もより多く必要になってくるし、
その上、毎月の負担も決して楽になるわけではありません。

無理なローン

ですから、あまり家づくりに予算をかけすぎないように
気を付けていただければと思います。

わかりやすい例としてハウスメーカーさんを出しましたが、
工務店で家を建てる場合でも、
必要以上に大きい家にしてしまったり、必要以上に設備や
素材にお金をかけすぎてしまったりすると、高額な
建築費用になってくることになるので、しっかり資金計画を行い
後の暮らしのこともしっかり考えた、無理のない予算で
家づくりを行うようにしていただければと思います。