新しい外壁用漆喰塗壁材

ハウスクリエイトで採用しています外壁用塗壁材に、新しい仕上げ塗壁材として
加わえる予定のサンプルが壁材メーカーから到着しました。

新しい外壁用塗る壁材.jpg

天然漆喰の塗壁材です。天然漆喰に藁すさの揉みすさと小粒玉石を混ぜ合わせてあります。
色は天然色粉を配合して白色から色をだします。サンプルはうすやまぶき色となっています。
今回の塗り壁材は塗厚を厚くして仕上げに掻き落としをしています。
掻き落としは、壁表面がほぼ硬くなったところを、コテ、金串、ブラシなどで表面をむらなく
掻き落とし、粗面に仕上げる工法。
テクスチャーをコテ、クシなどでいろいろな表情をだし、その上で掻き落とし仕上げを行います。

ハウスクリエイトの外壁塗壁材は、天然漆喰や、ここのところはやりの、そとん壁、高耐久型水生タイプの
アクリル樹脂をバインダーとした砂壁状塗装剤などがございます。今回の塗壁材はそれらの中で、
一番壁塗厚が厚くなり、素材感がいっそう増してきます。また、表情のあるテクスチャーから表現される
建物の姿は、豊かな個性と雰囲気が出されると思います。

外壁を塗壁にするということは、ただ、壁材を塗ればいい、というものではありません。
外壁を塗壁にする場合、工務店として、仕上げ壁には、どのような下地壁がよいのか、
その材の特性や、クラックなどの割れにたいする対処、耐久性や防カビ・防藻性、防火性
などをよく知って施工することが、大切であると考えております。

外壁材として標準的によく使われます窯業系サイディング材がありますが、耐候性、色あせ、継ぎ目、
凍結などに対するメンテナンスが必要になってきます。
予算的なバランスもありますが、仕上がりの違い、素材感、メンテナンスの費用などからも外壁材に
塗壁をおすすめしています。