先日、東京へ出張があったので、国立西洋美術館で「ル・コルビュジェ」展が開催されていると聞いていたので、建築を生業としている者としては、観なくてはならないと思い、観覧に足を運びました。

20世紀建築の巨匠といわれる、ル・コルビュジェ(1887-1965)の絵画から建築へむかう時代の展覧会です。

国立西洋美術館 正面

国立西洋美術館は「ル・コルビュジェ」の設計です。
そして、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。今回、開館60周年を記念して「ル・コルビュジェ」展が開催されました。
ル・コルビュジェの設計で 世界文化遺産の建物の前に立つだけで、何か感慨深いものがあります。

「ル・コルビュジェ」 開催案内

今回の展覧会は若きシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ( ル・コルビュジェの本名)が故郷のスイスを離れ、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなどにわたった約10年間の活動を振り返った展覧でした。

第一次大戦の終結直後の1918年末、ジャンヌレと画家アメデ・オザンファンは、
機械文明の進歩に対応した「構築と総合」の芸術をとなえるピュリスムの運動を始めました。

シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジェ)
《多数のオブジェクトのある生物》

絵画制作二取り組みながら新しい建築の創造をめざしたジャンヌレは、1920年代パリの美術界の先端を行く芸術家たちとの交流から大きな糧を得て、近代建築の旗手「ル・コルビュジェ」へと生まれ変わります。

ル・コルビュジェ《 サヴォア邸 》 1931年竣工


ル・コルビュジエは、モダニズム建築(近代主義建築)を提唱し、有名な
「近代建築の5原則」を発信しました。
パリに設計事務所を開いて、そこには世界中から若者が入門して働いていました。日本人も何人も入門し、なかでも有名なのは、前川国男先生、坂倉準三先生、吉阪隆正先生の3人です。
そして、ついに7カ国、17の建築作品(国立西洋美術館を含む) が世界文化遺産に登録されました。

国立西洋美術館といえば、ほかにも貴重で有名な作品がありますよね。

モネ  《 睡蓮 》
ロダン 《考える人 》

この2作品は有名ですよね。特にこのロダンの彫刻《考える人》は価値のあるものです。 その第一級の作品が中庭で自由に鑑賞できるなんてすごいことですよね。

今日もすばらしいものをたくさん拝見できて、たいへん勉強になりました。
では今日も、帰りに充電して帰ります。