ダイニングテーブルは生活の中心

先日の建て主様とプランニングのお打合せで、ダイニングテーブルのプランについてもお打合せいただきました。そこで、ダイニングテーブルのお話しを少しお伝えしようと思います。

建て主様には、設計が完成し家の骨格ができて家具をどうするかと具体的に考えられるケースも多いと思います。
家具の中でも、サイズが大きいものはお部屋のパッと見た印象に大きく影響します。ですので、ダイニングテーブルやソファといった家具の選択には、気を使われる建て主様も多いと思います。特にダイニングテーブルは毎日の食事の際に使いますし、家族の団欒などのコミュニケーションの中心の場になります。素材やサイズなどを含めて、家づくりに際して、プランニング段階から家具のことも設計にとりいれて考えていただくことをおすすめしております。木製のテーブルは木であっても、樹種以外にも、無垢材なのかMDFのような木質素材なのかといった違いがあり、温もりを感じる空間も変わってきます。設計の段階で考えていただいたほうが、後での後悔は少ないと思います。

欲しいテーブルのサイズによって、ダイニングの大きさも変わる


家づくりの際には、それぞれの間取りの大きさという住み心地に大きく影響する点があります。食事をメインとするダイニングの大きさは、そこに置くダイニングテーブルとの関係性は無視できません。ダイニングのスペースを考える際に、参考として知っておいて頂くと役立つ数値があります。

椅子をひいて座るには、天板の端から60cm必要


ダイニングテーブルにある椅子に腰をかける場合に、椅子をある程度ひいて、お尻を椅子の座面にいれるという動作が必要になります。椅子が十分にひけないと、うまく腰かけることができません。そのため、壁もしくは椅子をひく際に障害となるものから、テーブル天板の端まで最低でも60cmのスペースは確保しましょう。さらに肘掛けは前脚まであるタイプの椅子を使いたいという場合はできればもう少しスペースがあると快適です。
ダイニングテーブルを置く場所の両側に壁くる場合は、テーブルの左右にこの60cmのスペースを確保する必要があるので、ダイニングスペースの幅は少なくとも置くテーブルの幅の数値プラス120cmとなります。

ハウスクリエイトでは、何も指定がなければテーブル幅は850mmをオススメしています。850mmあれば小さすぎるということはない大きさだと思います。ですので、850+120で少なくとも970mmはダイニング用のスペースとして確保しておきたいところです。ハウスクリエイトの打合せショールームに、打合せように使いますダイニングテーブルがあります。
無垢のタモ材と無垢のブラックチェリーのはぎ合わせのテーブルで、サイズは6人掛けで
幅1100mm、長さは2320mmと、打合せに使いますので6人掛けでも大きいサイズで製作してあります。このダイニングテーブルもハウスクリエイトの職人が製作します。ご参考にしていください。

対面式キッチンカウンターとテーブル
ブラックウォールナット無垢板耳つき2枚はぎ合せの製作ダイニングテーブル

キッチンカウンターの出幅もテーブルの大きさに影響する

キッチンカウンターが10〜15cmほどダイニングスペースにせり出すプランが多くなります。食事の配膳などに便利なので、あるほうが良いと考える建て主様も多いです。
ダイニングテーブルを置く観点でみると、この10、15cmがあることでダイニングテーブルの置き方やサイズに影響が出てきます。実は我が家でも、このキッチンカウンターがせり出しているのですが、そこにダイニングテーブルを突っ込むかたちで置いています。そうすると、実質食事をするスペースとしては、カウンターがせり出している分、使えなくなっています。常に4人が座るご家庭では、無駄なスペースとなる場合もあります。キッチンカウンターの腰壁にテーブルを縦につけて使うことを考えるのであれば、カウンターがせり出していないほうがテーブルは使いやすいですね。
家づくりのプランニングでは、こういった家具もとりいれて設計をすすめていきます。